しじま

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
バイラルマーケティング選挙
いよいよ今日は東京都知事選の投票日。いろんな意味で歴史に残る選挙です。結果自体はつまらなそうだけど。
今回の選挙、一番の注目は、例の外山氏のバイラルマーケティングが大成功だったことだ。日本では数少ないバイラルマーケティングの成功事例。間違いなく後世に語り継がれます。
さすがに当選はしないだろうけど... 今回の選挙で最も知名度をあげたのは間違いなく彼だろう。一番の被害者は鳥肌実氏かな。天然(なんだよね?)でここまでやられると、このあとやりにくいよね、きっと... お気の毒様です。
「諸君の中の多数派は敵だ」、「政府転覆」、「こんな国は滅ぼすしかない」、「俺もビビる」などなど突っ込みどころ満載の発言とその風貌、でもなぜか、僕的には結構好感度が高かったりするのです。いやほんと楽しませてもらいました。どうせなら、間違って当選したりして、その政府転覆活動で、毎日楽しませてもらいたいと思うのですが、それは無理ってものでしょうねぇ。
いずれにしても今後の活躍が楽しみ。いろんな意味で。
| - | 01:32 | comments(29) | trackbacks(0)
TwitterとかTwittermapとか
最近Twitterをはじめた。
Twitterに登録してやることはだだ一つ。今何をしているのかという質問に答えるだけ。
全く時間がかからないし、簡単だ。「今、仕事中」とか、「まだ仕事終わんねー」とか「もう朝かよ……」なんて感じで、書いていく。とりあえずここ何日かはこんな僕でも続いてる。過去に書いたものも残るので、自然と日記みたいなものができあがる。
しかもRSSで配信してくれちゃったりするので、僕のファンの人(脳内)や、ストーカーのみんな(こっちも脳内)には大好評だ。
ここ数日はまってみて、ブログのエントリーにするほどたいしたことではないけど、ひとことくらい書く分にはちょうどいい"こねた"が意外とあるもんだと気づかされた。
Twitter面白い。でもTwitterのおもしろさはまだまだこんなもんじゃない。
続きを読む >>
| web | 01:20 | comments(1) | trackbacks(0)
人の心を動かす文章術
人の心を動かす文章術人の心を動かす文章術
樋口 裕一

文章はちょっとしたコツで上達する。


僕は、子供の頃から文章を書くのが苦手だ。このブログを書きはじめたのも、少しでも文章を書く練習になればと思ってのことだ。しかしただ書くだけでうまくなるはずもないので、こんな本を読んでみた。
本書によると、「文章はちょっとしたコツで上達できる」とのことだ。著者は小論文の先生、さすがに文章は論理的で読みやすくわかりやすい。取り上げられている数多くの「コツ」は、文例や添削例が豊富で、いちいち「なるほど」と納得しながら読むことができた。
とはいえ、読んだだけで文章がうまくなるほど甘いものではないわけで、これからはこの本にあることを心の隅におきながら、練習を重ねるのみです。さあ、多少なりともまともな文章が書けるようになるでしょうか。乞うご期待。
以下、本書に取り上げられているテクニックのまとめ。
続きを読む >>
| 作文 | 01:08 | comments(0) | trackbacks(0)
箱 - Getting Out Of The Box
箱 Getting Out Of The Box箱 - Getting Out Of The Box
ジ・アービンガー・インスティチュート, The Arbinger Institute, 冨永 星

人間関係の全問題の根源「自己欺瞞」を解き明かす。



人間関係の全ての問題の根源である「自己欺瞞」の問題を解き明かす本。
いろんなblogで絶賛されているこの本をどうしても読みたくなったのだけど、現在は絶版状態。amazonで中古を探してみると、最低価格はなんと9,700円! こんなとき、頼りになるのは図書館。無事発見しました。
一気に読みました。期待に違わず強力。目から鱗が落ちまくり。自分にこんなに問題があったとは……。思い当たるふしが、ありまくりで、納得しまくりでした。
手放しで大絶賛したいところですが、他のblogを見ても絶賛だらけなので、あえて疑問点をあげておきます。
続きを読む >>
| | 05:30 | comments(0) | trackbacks(0)
コミュニケーションのノウハウ・ドゥハウ
コミュニケーションのノウハウ・ドゥハウコミュニケーションのノウハウ・ドゥハウ
野口 吉昭, HRインスティテュート

ビジネスコミュニケーションの理論と実践の書



本書は、コミュニケーション力とは何かを論理的に分析し、それらの能力を磨く実践的トレーニング手法を提案する本だ。
ビジネスコミュニケーションは、「相手の信頼を獲得し、相互理解を生みだし、次なる行動へと導く」ことを目的として行われる。本書では、そのために必要な力を「人間力」「論理力」「対話力」の3つであると分析する。
「人間力」 - 信頼関係を築く能力
「論理力」 - 本質を理解する能力
「対話力」 - しっかり対話する能力
これらの力を磨くことで、お互いが「納得」できるコミュニケーションが出来るという本書の主張はわりかし論理的でそれなりに「納得」出来るものだ。
それらの力を磨くための具体的なトレーニング方法も多数取り上げられており、日々の生活の中で実践的にコミュニケーション力を鍛えることが出来るかも。
続きを読む >>
| 仕事 | 00:20 | comments(1) | trackbacks(0)
仕事に有効なウェブ2.0アプリケーション
最近はやりの軽量ウェブ2.0アプリケーションをいろいろ試してみました。

ToDo管理
Remember The Milk
GTDツールとしてかなりよく出来てます。細かなToDoを管理するツールとしてはかなり使いやすい。なによりデザインが美しく、AJAXを多用したインターフェイスは快適。ただ、長期にわたるようなプロジェクトなどの、大きなToDoの管理には向かないかも。個人的には、ToDoを階層化するとか、カテゴリ分けするようなことが出来ればもっといいかな。あと、iCalender形式でToDoを書き出してくれるのですが、締め切りがあるものについてはイベントとして書き出してくれたりするともっとうれしい。
主な機能
・メールでToDoを追加することができる
・リマインダーメールの送信
・iCalender形式でToDoを書き出し
・Atom形式でToDoを書き出し
・ToDoをグループで共有・連携したり、一般に公開したりできる

作業時間管理
Time Tracker
簡単にいえば、ストップウォッチ。ひとつの作業にかかった時間をウェブ上で計測・記録できます。不思議なもので、ストップウォッチをスタートさせると、なんだかサボれない気になって、その作業に集中できます。ついつい、だらだらとネットサーフィンしてしまう"グズ"な私には、かなり有効なツールです。ただし、Safariではログインすらできませんでした。
・エクセルファイルでの作業時間データのレポートの作成
2006/1/5追記
現在テスト中のVer2.0でSafariやOperaに対応するそうです。

カレンダー
Planzo
AJAXなカレンダーツールはいろいろありますが、試した中では唯一日本語が文字化けしません。イベントの追加などがAJAXで快適に出来ます。他に、ToDo管理やメモ機能もありますが、使ったことがありません。個人的には、iCalender形式での書き出しや読み込みに対応してくれると完璧かな。欲を言えばRTM並みのToDo管理機能とカレンダーが連携してくれると最高なんですけどね。
・25MBまでのファイルの管理
日本語がだめだったカレンダーツール(2005/12/27日現在)
CalendarHub
HipCal
Kiko

請求管理
Side Job Track
もともと、副業の管理のためのツールだそうですが、僕は主業の請求管理ツールとして使ってます。月末の請求し忘れがを防ぐために、仕事が入ったらまずここに概要をメモするようにしています。ただ、たまに文字化けします。

メモ管理
Gmail
まあ、フリーメールなんですが、ウェブ上のメモとして使ってます。検索機能も充実してるし、何より、googleがやってるという信頼感がいいです。

以上、今のところすべてフリーのツールです。ただこれらのツールが怖いのはデータのバックアップが保障されていないことで、サーバーが落ちたり、いつの間にかサービスを停止したりする可能性を考えると、これらにあまり頼りすぎると痛い目にあうかもという心配はあります。その点、Gmailはかなり安心感あり。全部googleが買収してくれないかな(笑。
Check
| 仕事 | 20:57 | comments(3) | trackbacks(6)
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS